カーテンの色の選び方とは?

カーテンの選び方には性能で選ぶ選び方と、色や柄から選ぶ選び方があります。
しかし、あなたはカーテンを購入しようとするとき、色の選び方で困った経験はありませんか?
「色の選び方に困るからいつも好きな色のカーテンを買ってしまう…」
「色のセンスがないからいつも同じ色のカーテンを選んでしまう…」
このように、カーテンの色の選び方で悩んだ経験をお持ちの方は多いのではないかと思います。
「色の選び方」ときくと、色彩センスのように色に関する特殊な感覚を持っていないといけないのではないかと考える人が多いものです。
けれどカーテンの色の選び方に、色に関する特殊なセンスは必要ありません。
色に関するちょっとした知識を持つだけで、カーテンを含めた部屋の色遣いに変化をつけることができるのです。
ここで、その“色に関するちょっとした知識”と、それによるカーテンの選び方をご紹介します。

カーテンの色の選び方

カーテンの色によって、部屋全体の雰囲気がガラリと変わります。
せっかくいい家具をそろえても、カーテンの色が合っていなければ、部屋の印象が悪くなってしまいます。
では、カーテン色の選び方にはどのようなポイントがあるのでしょうか?

ポイント1:カーテンと家具の系統をそろえる

カーテンの色を選ぶ際には、他の家具との相性が大切です。これから家具を選ぶということは、どのような系統の家具を買うのかを決めて、カーテンの色を選ぶよいでしょう。
例えば、木のぬくもりを感じさせる色や材料が使われた家具 (テーブルやテレビ台など)を揃えたい場合、カーテンも家具と調和するような茶色系の色を選びましょう。そうすることで、部屋全体の雰囲気を統一させることができます。

ポイント2:壁の色に合わせる

快適な一人暮らしのコツは、部屋を広く見せることです。家具の配置や高さは試行錯誤しても、カーテンの色にまで気を使う方は少ないのではないでしょうか。
カーテンと壁の色を合わせることで窓周辺の印象を柔らかくなり、部屋が広くなったように感じますよ。
特に、白や明るい色の家具やカーテンは部屋を広く見せるのでおすすめです。

ポイント3:カーテンの柄は控えめに

一人暮らしをするような狭い部屋では、カーテンの柄の選び方にも注意が必要です。
あまりにも派手な柄のカーテンを選んでしまうと、部屋に圧迫感を与えてしまいます。これでは部屋が狭く感じてしまい、逆効果です。
狭い部屋では、大きな柄のカーテンは避けましょう。

ポイント4:ストライプやボーダーで部屋が広く

派手すぎる柄や模様は逆効果ですが、ストライプ・ボーダーのカーテンには部屋を広く見せる効果があります。
ストライプは部屋を縦長に、そしてボーダーは部屋を横長に見せてくれます。もちろん派手な色使いのものは使わないようにしましょう。

カーテンの色の選び方で素敵な毎日を

カーテンの色の選び方によって、部屋の雰囲気が変わるだけではありません。
そこに住む人の心も、カーテンの色の選び方によってリラックスしたり元気になったり、色の選び方でさまざまに変化します。
このように、カーテンの色の選び方は重要なのです。
カーテンの色の選び方に特別な色彩センスは必要ありません。
“色に関するちょっとした知識”を使って、自分なりのカーテンの色の選び方をしてみてはいかがでしょうか。
きっと、色の選び方ひとつで素敵な毎日が送れるはずです!オーダー カーテンが欲しいの方はこちらへ。

HOT ITEMS
CHECK ITEMS
営業日カレンダー
2020 10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020 11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
営業時間
: 休業日

午前中:9時30分~13時

午後:14時30分~18時

休み:土日祝日・店休日